スポンサーリンク

歯医者が怖いというトラウマで何年も治療に行けなかったが治療代は妥当かと思う

27歳 専業主婦
虫歯の治療の際に、歯の神経に染みるような痛みがあり、それが苦手で歯医者が怖くなり何年も足を運べませんでした。

 

歯並びが、悪いせいで隙間に虫歯が出来ていたので、行かなければならないなと思いながらも、歯医者への恐怖心が拭えずに、なかなか行かずにいました。
しかし、親知らずが生えたせいで口内環境が悪化したので、さすがに行かないとまずいなと思いました。

 

いざ、治療に通うと、歯の痛みも取れ、口の中がスッキリとして爽快感でいっぱいでした。
歯医者の先生もとても優しく、痛みに配慮した治療を行ってくれたので歯医者への恐怖心も少しだけ薄れました。
いざ行ってみると、あっという間に終わったので、もっと早く行けば良かったと思いました。

 

通う回数が多いと、なかなか億劫に感じてしまいますが、治療代が高いと感じた事はありません。
歯は一生物なので、治療費も妥当だと感じます。

 

歯医者さんは、恐怖心がある患者さんにも慣れているので、大人げないなんて思わずに、素直に恐怖心を相談してみて下さい!
優しい歯医者さんなら、きっと親身になって治療を行ってくれるはずです!
勇気をもって行ってみてください。

子供の頃の歯医者と違って、キレイで怖くなかった

24歳事務職 女性
子供のころから歯医者が怖くて、一回行くとしばらく通わないといけないし、休みの日や仕事帰りの時間を病院に使いたくなかったし、予約の連絡をするのが面倒でなかなか歯医者に行けなかった。
虫歯ができたことがないので定期検診もしておらず、健康診断で唯一見られていましたが、奥歯がたまに痛くなってもしかして虫歯かな?と思って見てみると親知らずが生えてきたようで、数日後からほっぺたの内側が腫れてきたので歯医者を受診した。
虫歯になりかけの場所が見つかったり、機械で磨いてもらってツルツルになったので、大人になったからには定期的に通わないといけないなと思えるようになった。小さい頃はなんとなく怖いイメージだったが、行ってみるとたいして怖くなかったし綺麗な病院だった。
治療代はある程度しょうがないとは思うが、しなければならない治療としなくても何とかなるがしておいた方がいい治療の区別がつかないので、提案された治療スケジュールがなんとなく断りづらいと思う。

 

早めに治療したらあまり痛くないし、自分で丁寧に歯磨きをしていてもどうしても取り切れない汚れはあるので、せめて年1回は見てもらった方が安心して過ごせると思います。

歯医者が怖くて我慢してたけど、痛みがストレスになって歯医者に行くことにした

21歳女性フリーター
子供の頃、歯医者が痛くて怖くて、ちょっと痛いな~体調のせいかな、と思って気を紛らわせていました。
ちょうど、学校行事が忙しい時期でもあり、アルバイトもあったので時間的余裕がなかったもの理由の1つです。
歯医者に行く理由について私が考えることは2つです。

 

1つ目は、日常生活に支障のないようにするため。
症状が悪化すると何もしない状態でもズキズキ痛んだりして、ご飯がおいしく食べられないし、痛みがストレスになってしまい
日常生活を平和に過ごせないからです。

 

2つ目は、年を取っても健康な歯を残すため。
8020運動という言葉があるように、おじいちゃんおばあちゃんになっても自分の歯で食事ができるというのは幸せなことだからです。
そのために若いうちから適切な治療を受けるのは必要なことだと思います。
行くのが遅く進行していたから治療は痛かったけれど、放置していても治ることは絶対にないから行ってよかったと思いました。
麻酔や治療でできた痛みは、薬ももらえるし、いい方向に進んでいる痛みだと思えば耐えられます。
そして、この痛みをもう味わいたくないから、歯磨きちゃんとしようって思うことができました。
実際にそう思います。
優しい受付の人がもう治療は終わってるから次の予約はとらんとく?と
こっそり提案してくださいました。なにしろ、長く治療に通うと、お金がかかりますからね・・。
とはいえ、治してもらってありがとうくらいの気持ちで行くべし!
怖いときは隠さずに怖いですって伝えるのもアリだと思います♪

スポンサーリンク