スポンサーリンク

歯がボロボロになったことの後悔より・・

お金が工面できなくて、歯がボロボロになり悩んでいる人も世の中には多くいます。でも、そこからがんばって歯の治療に通ったり入れ歯にしたりする人も多いのです。やっぱり諦めないことって大切ですね。歯をボロボロにしてしまったことを後悔するよりも、これからどうしたらいいのかを考えたいものです。

歯の治療費を稼ぐために内職始めました

10代の頃から口の中は銀歯と差し歯だらけ。20代30代と、歯を見られるのが嫌で歯医者にも行くことができなくなりました。子供の参観日や習い事の時、保護者の方と話すのが怖くてこっそり隠れるようにして子供を迎えに行ったり参観日に行ったりしています。
歯医者に歯の治療に行くとしたら絶対に多額のお金が必要だろうからパートに行きたいと思っています。だけど面接を受けるのが怖くて仕事に行けていません。今40代ですが、50代になったらそう恥ずかしくなくなるのかなと期待しています。何はともあれお金を貯めて治療代を稼ぎぐために、今は内職しています。

ストレスで歯がボロボロになった

50代です。仕事のストレスや時間がなかったというのは言い訳ですが、歯磨きをほとんどしてなかったので、奥歯はボロボロでほぼ抜歯状態になってしまってます。そうなると、食べ物がよく噛めないので胃腸の調子が悪くなり、病院通いに。病院の先生からも歯を大事にするようにと言われて考え直しました。それから長いこと歯医者に通い治療代は何十万もかかりましたが、何とか歯茎の状態もよくなり食べ物を噛める状態になりました。もともとお金がないのにお金がかかりすぎて、デンタルローンも組んだりしましたが健康にはかえられませんから。

見た目を気にするのでお金がないのにインプラントにした

歯がボロボロで毎日辛かったです。どうしてもインプラントにしたくて、私には多額のデンタルローンを組みました。インプラントは保険が適用されない歯科治療だからです。銀行の多目的ローンです。キャッシングやカードローンよりも安い金利であったのでお得に感じます。銀行に行くのが嫌だったのですが、ネットでも仮審査ができました。私が利用したデンタルローンは借り入れが最大500万円まで可能だし最長10年まで返済期間が設定できる。ということである意味、ローンが気楽に組めました。担保や保証人が不要だし郵送で契約でき、審査の結果は即日回答してくれました。ただ、デンタルローンの審査に所得証明書が必要だったのは嫌でしたが。私の場合は必要だったのですがいらない人もいるのだそうです。
歯をなくしてしまい、高いインプラントにするぐらいならもっとちゃんと歯磨きしたり歯のケアに歯医者の定期検診や歯石を取りにマメに通えばよかったと思いますが、どうにもこうにも歯医者が大嫌いだったのでしょうがありません。私は見た目を気にするタイプなので、お金がなくてもインプラントにして良かったです。

40代で総入れ歯のショックから今は意外と幸せ

40代で総入れ歯になった時にはショックで涙が出ました。その時の歯の状態がボロボロだったので泣く泣く歯を抜くことになったのです。でもどうせならと開き直って100万円くらいかけて自分の納得する入れ歯を作ることにしました。お金はなかったのでレンタルローンというのを組みました。借金は残りましたが、先生が根気づよく私にあった入れ歯に調整してくれたので半年たっと頃には快適になりました。借金して高い入れ歯を作って入れたせいか、私が入れ歯だと知らない人は綺麗な歯ねと言ってもらいます。複雑ですがそれでも嬉しいです。お金がなくても安い保険適応の入れ歯にしなくて本当に良かったです。

スポンサーリンク