歯医者に10年以上行ってなかった人にアンケートとってみました。お金の事情や歯医者が怖くて行けない人は参考にしてみてください。

10年以上歯医者に行けなかったのに行ってみたら恐怖が消えた

36歳バイト女性です。

 

子供の頃通っていた歯医者が狭くて薄暗い歯医者で治療もとても痛くてトラウマでした。長年放置した虫歯を怒られたりするのではないかも心配でした。昔から歯医者が嫌いで中学校から歯医者に行かず、10年がたったころ、急に虫歯が夜も眠れないほどいたくなり、限界を感じたからです。詰め物もとれたまま放置していたのでそこも治してもらわなければと思い続けていました。友達のオススメの歯医者に行ったので、治療も全く痛くなく、歯医者嫌いだと最初に伝えたので治療の際もすごく気を使っていただき私のペースで治療してくれたので本当に行って良かったです。歯のお掃除もしてもらいスッキリしました。定期的に通い、問題のある歯を全て治療してもらいたいと思いました。今の歯医者は、希望を聞いてくれるところが多いと思います。一度に軽い虫歯なら二本一緒に治療してくれたりと思ったより負担がかかりません。そして軽い虫歯の方が安い治療費で済みます。昔の歯医者がトラウマになっているのなら、診療も進化していますし、昔より痛みも少なく治療できると思います。酷い虫歯になる前に勇気を持って治療に行って下さい。

10年以上ぶりに行ってみたら、昔の歯医者みたいに麻酔の痛みがないことを知った

42歳 主婦です。
子供が小さく預ける所がないという理由もありますが
1番の理由は歯医者が怖くて行けなかった。のが理由です。
10年以上歯医者に行ってなかったのですが、歯磨きの度に出血し歯茎も腫れて痛みが出て来たので
そろそろ歯医者に行かないと。と思っていました。
もしかしたら歯周病や歯槽膿漏になっているかも。
口臭もしてきたし。と不安になり出し覚悟をして歯医者へ行きました。

 

初期の歯槽膿漏でした。
今では月に1度歯科検診の為歯医者へ通っています。
受付の方が子供を見ていてくれるので助かります。
もっと早くに歯医者へ行けば良かったと後悔しています。昔の歯医者みたいに麻酔をする時の痛みがない事を知りました。

 

確かにお金はかかります。通う回数も多いです。
でも歯が丈夫じゃないと美味しい物も食べれないので
仕方ないと思います。

 

昔の歯医者とは違い痛みは殆どありません。
麻酔も痛くありません。
お金がある時に、または工面して、1度受診してみるのが大切さを痛感しました。

痛かったけど行ってよかった。歯医者にお金がかかるのは仕方ない

・35歳の主婦
小さい頃から歯医者が大嫌い。音、雰囲気、臭い、全てが苦手でした。小さい頃は強制で親に連れてかれましたが大人になると行かなくてもいいやと10年以上歯医者に行くことを疎遠にしてました。
昔から歯医者が大嫌いで大人になってもそれは変わらず。しばらく虫歯がなかったので無縁でしたが半年前から痛みが出てきて どんどん痛みが増して行きました。なので早く歯医者さんにみてもらわなきゃと思ってました。

 

やっぱり歯医者さんは痛かったです。痛かったら手をあげてくださいと言われ 手をあげても頑張ってくださいしか言われないし。ですがちゃんと治療してもらってから痛みもなくなりスッキリしました。行ってよかったです

 

確かにそうだと思います。保険外の治療だと高額になります。ですが歯は見た目、健康にもとても大事。きちんと噛めなければ食べられませんから。だから高いのは仕方ないと思います

 

お金がないときは仕方ないですが、歯医者が怖いのは自分との戦いなので頑張れば何とかなります。殺されはしないと気合いを入れて行くしかないです

歯医者に行ってないのはかれこれ20年くらい?お金が高いのは初診料くらいだった

38歳自営業男性
高校生の頃までは行きつけの歯医者があったのですが、大学に行き地元を離れているうちにその歯医者から足が遠くなり、地元に戻ってからも足が向くことは無くなっていました。それまで何も感じなかったのが、ものを食べると痛みが走る様な気がしたり、飲み物を飲んだ後に何か気になるところから始まり、最終的には会話をしているときや何もしていなくても痛みを感じようになり、ついには寝ているときでも激痛が襲ってくるようになっていました。20年ぶりぐらいに歯医者に行き、治療後はそれまで苦しんでいた痛みから解放されて、すっきりと眠れるようになり、抱えていた余計なストレスもなくなりすごく楽になりました。その時を機に今は何か気になることがあればすぐに予約を入れ診てもらうようになりました。確かに最初の1回目はレントゲンを撮ったり、検査だったりでお金がかかりますが、十分対応できる範囲だと思います。ましてや余計なストレスを抱える事を考えると、十分納得できる金額だと思います。今は無痛治療もあります。痛みを抱え続けるのではなく、お金は多少かかっても痛みから解放されてストレス無く生活できるほうが生活も仕事も楽になります。