スポンサーリンク

歯医者はお金も時間もかかるが放っておいても悪くなるだけ!

32歳 主婦
小学生の頃に虫歯で歯医者に通い、4回くらい通って治療ですっごく痛い思いをしました。なのに治療が全て終わった後もずっと歯が痛く、結局治っていなかったのがトラウマになり歯医者が嫌いになったので行きたくありませんでした。

 

歯磨きは1日2回していましたが、私はチューイングキャンディや硬いおせんべいなどのお菓子が好きなので、噛むときに甘い物は歯にしみるし、硬い物を食べるときは歯に詰まった感じがして痛かったので、虫歯かなぁと思っていました。

 

結局は虫歯ではなく知覚過敏とのことでした。行く前はとっても憂鬱でしたし、怖かったですが、虫歯ではないとわかったら気持ちがとても軽くなりました。虫歯だと思っていたので歯磨きを強くゴシゴシしていましたが、ハッキリとした原因がわかり、知覚過敏は逆に優しく磨かなければいけないという事も教えてもらったので、行って良かったです。

 

治療代は確かに安くないし回数も多いと思います。ですが、友人が歯医者で勤めているのですが、1回でたくさん治療するのはできないと決められていると言っていたのでしょうがないかなと思います。

 

歯医者は確かにお金も時間も多少かかりますが、虫歯や知覚過敏や歯周病などの口の中の病気はほかっておいてもぜったに治りません。悪化する一方です。思い切って行くと気持ちもスッキリします。

治療代にお金はかかったけど、痛みや不安がなくなったので有意義なことだと思った

23歳フリーター女性
歯を削られることや、甲高い機械音、口の中に色々なものを出し入れされるのが怖かったり不快で苦手だったので歯医者に行けませんでした。

 

食べ物を食べた後に歯がジンジンと痛んだり冷たいものを食べた時に染みるので、虫歯になっているかもしれず家族に相談したら歯医者に行ってみたらどうか、とずっと言われていたので歯医者に行かなくてはいけないなと思っていました。

 

虫歯や他の病気の可能性があることに対しての不安や心配事が消えて気持ちが軽くなりましたし、家族にも心配をかけていたようなので私も家族も安心することができていろんな食べ物、好きなものを楽しんで食することができる状態になりました。

 

治療代、通院回数などは確かに多くお金がかかりましたが、病気や気にかけていることから解放されたため、相応だと特別嫌には思いませんでした。

 

金銭面については各個人の問題があるのでなんとも言い難いですが、今自分に課せられている痛みや不安が消えるということを考えると歯医者に行くことはお金がかかったけど有意義だったと思います。一度行くと自信がついたり印象も変わって、軽い気持ちで挑むことができるようになると思います。

妊娠中産後に行けなかった治療も、お金がかかっても今でjは定期健診までも受けるようになった

30歳専業主婦
仕事が忙しく、なかなか休みを取れなかったことと、妊娠中つわりがひどくて治療の時間に耐えられる自信がなかったく、また、産後は子供の状態が心配でそばを離れられずに受診の機会を逃していました。
ようやく虫歯の治療に通った後、3ヶ月から半年くらいの間隔で定期的に診察を受け弱っている歯がないかチェックした方がいいと医師にアドバイスされていたため通院を義務のように感じていました。お金がかかっても定期的に診察を受け、歯の健康状態を調べてもらうためにも受診すべきと考えていました。
歯が弱る前に定期的に診察を受けてチェックしてもらっていれば、急に歯が痛みだすこともなく安心して生活できるのだと実感しました。日頃のケアがとても大事で、何も症状がないからこそ医師の診察を受けて、今後の助言に耳を傾け、予防歯科の大切さを学ぶべきだと思いました。
医療機関によって使っているインプラントなどが違うので、お金がかかって不信感や不満をを持つようだったら迷わず、たとえ治療中であっても転院していいと思います。自分が納得する医師と病院に出会うのが一番です。
お金がかかるし、もう少し我慢してみようかな。そう思う気持ちは、とてもよく理解できますが、その躊躇が命取りになる場合もあることを忘れないで下さい。歯周病菌は誰でも発病する可能性があり、もしも発病した場合、菌が全身を蝕みます。歯を治療しなかっただけで命が脅かされる。そんな事態をどうか避けて下さい。歯医者通いはお金はかかるし、最初は面倒で嫌な治療かもしれませんが、自分の命を守れるのは自分なのだから、どうか大切になさってほしいものです。

スポンサーリンク